ブログ一覧

12、理解度は人に説明すると深まる

 理解内容を深め確実にするには、他人のその問題の解法を説明するといいですね。自分がしっかり確実に理解していないと人に説明するときに戸惑ってしまったりします。そうすれば自分がまだ完全に理解できていないところが分かり復習するところが明確になります。

 説明する対象がない場合は、透明人間に説明すればいいです。教科はどんな教科でもOKです。受け身的な学習から能動的な学習にかわるので記憶の定着も長くしっかりとしたものになります。

2018年11月17日

11、暗記は体全体を使おう

 暗記が苦手な人がいますが、やり方がわかっていないようですね。ただ見ているだけの人、読んではいるがそれだけの人、黙々とノートに書き写している人。つまり、単に作業で終わっているのです。暗記は集中力と体力を使います。しっかり記憶すれば脳は疲れます。

 ①何度も声を出して読んでみましょう。座ったままだけでなく、歩きながら読んでみる  のもいいです。そのとき、「1行くらい読んでは、今度は元の原稿を見ないで読み返  す。」の繰り返しをして少しずつ進めていきます。

 ②ある程度覚えたら、今度は紙に書きます。覚えていないところは空白のまま飛ばして  書きます。全部書いたら確認して、覚えていないところ間違ったところを、再度①の  ようにして覚えなおしましょう。できたらまた②のようにして確実にできるまで、こ  の①と②を繰り返します。

 後は、時間が経つと忘れてしますので、2~3日後にもう一度くりかえしてみることが 大切です。

2018年11月11日

10、遅刻するのは気の緩み

 よく遅刻をする人がいますが、それはすべて気の緩みです。体調不良や用事の場合は違いますが、理由なくしかもしょっちゅう遅刻する人がいます。

 楽しいところに遊びに行ったりするときの待ち合わせは遅れなかったり、またいつもより早めに家をでる人もいるでしょう。それは気持ちがそちらに向いているからです。ところが、学校や塾の時はだらだらしてりして理由なく遅れてしまう。「よしっ!今日もがんばるぞ。」という気持ちが大切です。そんな人は残念ながら入試にも影響がでたりするものです。ひとつひとつのことに一生懸命に全力をそそぐという姿勢が大切ですね。

2018年10月20日

9、辞書・参考書を活用しよう

 とにかく調べることが大切です。分からないとすぐ人に聞く、聞けばそれで終わり、すぐ忘れてしまう。

 英語であれば英和辞典、和英辞典の辞書引き、調べたらその内容の関連事項を読む例文を読むことが大切です。もちろん社会や理科も同じです。分からない単語や項目が出てきたらそれを目次から探す。さらに関連事項を読むのです。

 そのよにすると知識量も増え忘れにくくなり、内容の全体像が分かってくるのです。数学では公式や解放の基本ルールに戻ることです。

 ご家庭でも親御さんもすぐに教えないで、辞書や参考書を引かせたりさせてみてください。また、間違ってもいいので自分で一度やらせることが大切です。全く分からなければ教科書を見直すこともいいですね。

 初めての問題は説明をしてあげないと分からないことがありますが、今までやった内容は思い出すことが重要です。このように考える習慣をつけていくと、初めての問題でも説明を読んで自分で学習できるようになっていきます。

2018年08月27日

8、カンを適当に使うなアカン

 問題を解く時に、難しい問題に出くわしたとき、じっくり考えないで適当にカンで答える人がいます。カンというのは普段からじっくり考えたり努力をしたりした内容で迷ったりしたときに、今までの知識から推測してでてくるものです。毎回適当にしていては伸びるはずがありません。普段からじっくり考え辞書を引くことが大切です。

 

 

2018年08月03日
» 続きを読む